clairefontaine

料理大好き!器はもっと大好き!!時々旅行も♪

2014年12月

 
イメージ 1
 
 
おはようございます♪
 
 
今年最後の更新! とさせていただきます^^
 
 
本年も
 
皆様から 温かいお言葉を 沢山頂戴いたしました
 
ありがとうございました
 
 
 
 
 
12月24日(水) クリスマス ディナー 「スープ」「パスタ」「肉料理」編
 
 
前回の 「前菜~魚料理編」 とはテーブルも変え
 
「和洋折衷」な感じで
 
お料理も「和素材」中心に使ってみましたよ♪
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
メニュー
 
里芋のポタージュ カプチーノ仕立て
炙りイサキと九条ねぎのペペロンチーノ
和風ローストビーフ 
 
 
 
 
 
『里芋のポタージュ カプチーノ仕立て』
 
イメージ 3
 
 
「里芋のポタージュ」は こちら に詳細ございます
 
クリーマーで 泡を作りスープの上に
 
 
クリーマーって  私、10年以上前に買ったのですが
(私のは↑これより古いタイプです
 
今、似たようなものが「100均」でも売られてるみたい
 
牛乳50ccをレンジで30秒温め
 
泡立てるだけなの
 
 
 
 
 
『炙りイサキと九条ねぎのペペロンチーノ
 
イメージ 4
                        ※パスタプレート Primitive陶舎花花
 
 
お刺身用の「イサキ」
 
 
昆布で挟んで1晩〆てやったわっ(笑)
 
バーナーで炙って使いました
 
 
にんにく(みじん)、唐辛子をオリーブオイルで炒め
 
九条ネギとパスタを 炒めあわせます
 
隠し味に「茅乃舎だし」を少し加えました
 
炙りイサキと「からすみ」をトッピング
 
 
 
 
 
『和風ローストビーフ』
 
イメージ 5
                    ※Primitive陶舎花花
 
 
以前にも ご紹介させていただいた事ありました
 
オーブン不要でできちゃう
 
「ローストビーフ」
 
料理好きの父に教えてもらったレシピを
 
自分なりにアレンジしました
 
 
★★★レシピ★★★
 
【材料】3~4人分
 
牛もも肉(塊)  350~400g
塩こしょう  適量
にんにく(半割)  1片
唐辛子  1本
 
赤ワイン  100cc
ウスターソース  100cc
甘口(刺身)醤油  100cc
(普通の醤油であれば、はちみつ小さじ1を追加)
 
 
 
イメージ 6
 
 
【作り方】
 
牛肉は室温に戻しておき(←ここ大事)
 
塩胡椒をまぶす(多めでいい)
 
フライパンにサラダオイル、にんにくを熱し、肉を全面ソテー
 
 
別鍋に赤ワインを沸騰させ
(鍋は肉がギリギリ入る位の大きさがベスト)
 
ウスターソース、醤油、ローリエ、唐辛子を沸かす
 
 
にんにく、焼いた肉を入れ、蓋をし5分煮て
 
上下ひっくり返し5分煮る
(肉の半分が煮汁に漬かってる位がいい)
 
肉を取り出し、アルミホイルにくるみ 自然に熱を入れる
 
 
この煮汁を煮つめて、ソースにしたり
 
わさびと塩!でもおいしいね♪
 
 
 
 
 
空芯菜の新芽と一緒にいただきました
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
キャンドルは 和にも洋にもお勧めの
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
これから
 
仕事と家仕事 …を片付け
 
義実家にて 嫁仕事に励んできます
 
料理できる人が誰もいないので…(;;)
 
日々ご飯作りで追われそうですが
 
なんとか がんばってきます
 
 
 
 
 
皆様 良いお年を
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
ランキングに参加中です♪
 
いつもありがとうございます
 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
 
メリークリスマス♪
 
 
クリスマス…皆様いかがお過ごしですか
 
クリスマスが過ぎると
 
一気にお正月モード
 
まだ、全く新年を迎える準備もできてません
 
焦るぅ
 
 
 
 
クリスマスの記事を中断しまして
 
今日はお鍋を
 
 
12月13日(土) 寒い日は「熱っ辛っ」鍋でぽっかぽか!
 
 
 
献立
 
坦々鍋
〆は担々麺
 
里芋の煮っ転がし
蛇腹きゅうりとコハダの酢の物
 
漬物おにぎり
 
 
 
 
 
『坦々鍋』
 
イメージ 2
                     ※土鍋 TSUNE
 
 
寒い時こそ「あつっ!辛っ」お鍋♪
 
 
★★★レシピ★★★
 
【材料】 4~5人分
 
≪鍋スープ≫
干し海老  大さじ1
鶏がらスープ  1000cc
ごま油  適量
合挽肉  170g
花椒(中国山椒)みじん  大さじ1
しょうが(みじん)  大さじ2
にんにく(みじん)  大さじ1
豆板醤  大さじ1
砂糖  小さじ1
醤油  大さじ1/2
オイスターソース  大さじ1
練り白ごま  大さじ3
 
≪具≫
豚肉薄切り、豆腐、大根、人参、などをお好みで
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
【作り方】
 
干し海老は 鶏がらスープにつけて戻し、みじん切りにしておく
 
ごま油で合挽肉、にんにく、生姜を炒め、豆板醤、花椒 を加えて香りを出す
 
鶏がらスープを加え煮込み
 
砂糖、醤油、オイスターソースを加える
 
スープの一部をとって、「練りごま」を溶かし、鍋に戻す
 
 
 
 
 
白菜、大根、人参、豆腐、豚ロース(薄切り)
 
 
イメージ 4
                     ※セラドン焼き
 
 
しゃぶしゃぶのように さっと火を通すもよし!
 
じっくり煮込むもよし!
 
   
 
イメージ 5
 
 
コクがあるスープができました♪
 
 
 
 
 
 
 『〆は担々麺』
 
イメージ 6
 
 
なんのヒネリもありませんが…
 
〆は担々麺
 
これ、うどんでもおいしいかと
 
 
 
 
 
『箸休め2種』
 
イメージ 7
                               ※小箱 ジオクラフト
 
 
 
 
 
簡単2品の箸休め
 
 
イメージ 8
※小皿 康創窯             ※猪口 TSUNE
 
 
「里芋のにっころがし」左) 
見ればわかる(笑)
 
「蛇腹きゅうりとコハダの酢の物 右)
蛇腹にカットしたきゅうりと、コハダ、菊花をあわせて酢の物に
 
 
 
 
 
 
『漬物にぎり』
 
イメージ 9
 
 
担々麺が〆じゃなかったのかよっ(笑)
 
 
こっちが本当の〆でした
 
W炭水化物万歳 !(^^)!
 
 
大分の漬物「吉四六漬け」をカットし、自家製の「大根葉の佃煮」
 
「炒り卵」をあわせたおにぎりに
 
1合分で6個作る ちっちゃめのおにぎりです
 
 
 
 
関東地方 穏やかな日が続いております
 
週末お天気崩れるようですね
 
皆様 素敵なクリスマスを♪
 
 
 
イメージ 10
                              ※ビアグラス イッタラ
 
 
 
 
 
ランンキングに参加中です
いつもありがとうございます
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
 メリークリスマス
 
 
今宵は 穏やかなクリスマスイヴ になりそう
 
 
毎年・・・「記念日やクリスマスくらい 外食を!」
 
とも 思うのですが
 
結局 また今年も お家ごはん!で過ごす事に…
 
出不精なんです・・・私;^^
 
 
 
 
12月22日(月) クリスマス イブイブイブデー♪
 
 
前菜、魚料理、キャンドル
 
ご紹介させていただきますね
 
 
 
メニュー
 
雲丹のフラン
リゾーニのサラダ仕立て
エスカルゴ
牡蠣のオイル漬け
 
オマール海老のグラタン
 
 
 
 
 
『雲丹のフラン』
 
イメージ 2
 
 
先日 とあるポイントが貯まり「雲丹」をゲット
(その話はまた後日)
 
ここぞとばかりに使う(笑)
 
 
ココットに「雲丹」「チーズ」を入れ 卵液を流して焼きました
 
≪卵液の分量≫ココット2個分
卵1個(60g)、生クリーム60cc、牛乳20cc
塩小さじ1/6、胡椒適量
 
 
泡にあうよ♪
 
 
 
 
 
『リゾーニのサラダ仕立て
 
イメージ 3
                 ※蓋付ガラス スガハラ
 
 
お米じゃなく、米粒状のパスタ「リゾーニ」
 
きゅうり、トマト、パプリカ(それぞれみじん)、蟹缶とあわせ
 
オリーブオイル、寿司酢、塩こしょうで調味
 
 
 
 
 
『牡蠣のオイル漬け』
 
イメージ 4
               ※ショットグラス イッタラ
 
 
牡蠣が美味しい季節ですね
 
簡単ですし、密閉容器で保存すれば、少し日持ちもするかと…
 
 
★★★レシピ★★★
 
【材料】
 
牡蠣 8粒
にんにく(スライス)  1/2片
唐辛子(半割)  1本
白ワイン  大さじ1
オイスターソース  大さじ1弱
オリーブオイル  適量
 
 
【作り方】
 
牡蠣は汚れをしっかり取り、ペーパーで水気を取っておく
(私は「海水濃度」の塩水で洗って取りますが、大根おろしで洗っても)
 
フライパンに オリーブオイル(適量)、にんにく、唐辛子を熱し
 
にんにくが色づいたら にんにく、唐辛子を密閉容器(瓶等)に移す
 
同じフライパンで牡蠣をソテーし、白ワインを加え水分を飛ばす
 
オイスターソースを加え 牡蠣になじませ水分を飛ばしたら
 
密閉容器に入れ、オリーブオイルを牡蠣が隠れるまで注ぐ
 
 
バケットにのせたり…
 
このまま パスタにからめてもおいしいよ♪
 
 
 
 
 
市販の「エスカルゴ」と一緒に
 
前菜プレートで
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
『オマール海老のグラタン』
 
イメージ 6
                               ※プレート エルメス
 
 
今年 イ○ン(←伏字の意味なし)で大人気らしい
 
「ボイル オマール海老」
 
なんでも「お肉はちょっと重い」という
 
ご年配の方に人気!なんだとか(笑)
 
大きくて立派なのに「英世さん」以下で買える!のも魅力(*′艸`)
 
 
手と足をもいで(もいで…って通じる?笑「取って」という意味)
 
縦半分に割ります
 
ホワイトソースを塗り、チーズをのせて焼くだけ
 
冷凍庫に「海老の頭」がいたので^^
 
30分ほど煮だして、作ったホワイトソースとあわせてあります
 
旨み凝縮
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
スパークリングは
 
てんこちゃん からいただいた
 
こちらの
 
CAVA
 
 
おいしかったよ~
ヾ(o´∀`o)ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスマスのテーブルには欠かせない キャンドル
 
スタンド 「アルザン」
 
フローティングキャンドル 「FLラブラブ(シルバー)」を浮かべて
 
 
イメージ 8
 
 
フローティングキャンドルって  好き
 
水面に浮かぶ炎を見てるだけで 癒されます
 
 
 
 
 
さて・・・本日はこれから
 
この日の続き
 
「スープ」「パスタ」「肉料理」
 
を作る予定です
 
年内に ご紹介できたらと思っております
 
 
 
 
皆様
 
素敵なクリスマスを♪
 
 
 
 
 
イメージ 9
                           ※シャンパングラス リーデル
                         ※バスケット ミキモト
 
 
 
 
 
ランキングに参加中です♪
 
いつもありがとうございます
 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
 おはようございます♪
 
 
毎日寒いですね@@
 
 
昨年
 
「寒くて鼻の頭が冷えます 鼻の頭を温める方法ないですか?」
 
と ここで皆さんに相談したところ(笑)
 
 
「マグカップに熱いコーヒーをいれ、カップに鼻を突っ込む」
 
と 教えてくださった方がおられました(笑)
 
 
 
マグカップに鼻突っ込みながら 更新してます ブブッ
 
 
 
 
 
12月11日(木) 冬の洋食は アツアツグラタンで決まり♪
 
 
 
メニュー
 
大根カプレーゼ
砂肝のアヒージョ
牡蠣のアヒージョ
海老としめじのマカロニグラタン
 
 
 
 
 
『大根カプレーゼ』
 
イメージ 2
 
 
いただいた大根!まだたくさんありまして…
 
前菜風なカプレーゼにしてみました♪
 
クリスマスの1品にもおすすめだよ
 
 
スライスした大根に塩をふり、水分を出してから
 
寿司酢、柚子果汁(レモン汁でも)、柚子皮(レモン皮でも)
 
しばらく漬けておきます
 
千枚漬けの「大根」バージョンって感じかな
 
 
スモークサーモン、モッツアレラチーズをはさんで
 
 
 
 
 
お友達からいただいた「ロイコペ」の「フィッシュサービス」にのせて
 
イメージ 3
 
 
ぴったり (σ´∀`)σ
 
 
 
 
 
『砂肝のアヒージョ
 
イメージ 4
 
 
私…居酒屋に行くと「砂肝」ばっかり頼んでるみたい;^^
 
友達にいつも突っ込まれます(特に師匠)笑
 
 
にんにく(半割)、唐辛子(半割) 「自家製パンチェッタ」炒め
 
オリーブオイルを注ぎ、筋とりした砂肝、ローズマリーを煮て
 
塩こしょうで調味
 
このオイルをバケットにつけて!がおいしいの
 
 
 
 
 
『牡蠣のアヒージョ』
 
イメージ 5
 
 
砂肝のアヒージョと作り方同じですが
 
こちらは
 
ローズマリーの代わりに、魚介用のミックスハーブ使いました♪
 
 
 
 
 
『海老としめじのマカロニグラタン』
 
イメージ 6
                ※ココット ル・クルーゼ
 
 
寒い時はグラタンがいいね^^
 
フォークを入れて・・・湯気が立ち上った瞬間
 
グラタン皿にダイブしたい気分になります
(やけどするっつ~の)
 
 
1つのフライパンで「ホワイトソース」も一緒に作る 手抜きバージョンです
 
 
レシピいたって普通ですが…
 
「塩麹」の下処理で プリップリの海老ちゃんになるよ♪
 
 
★★★レシピ★★★
 
【材料】 2人分
 
海老  8尾
塩麹  大さじ1
 
しめじ  1/2房
玉ねぎ(スライス)  1/2個
 
バター  大さじ1、5
白ワイン  大さじ1
小麦粉  大さじ1、5
牛乳  300cc
 
マカロニ  70g~80g
塩こしょう
 
チーズ  適量
 
 
【作り方】
 
海老は背ワタと殻をを除き、塩麹をまぶし1晩おく。軽く水洗いして使う
 
フライパンにバターを熱し、玉ねぎがしんなりするまで炒め
 
しめじ、海老を炒めて白ワインを投入
 
水分が飛んだら、ふるった小麦粉を加え全体になじませてから
 
牛乳を加える
 
ゆでたマカロニとあわせ、塩こしょうで調味
 
バターを塗った耐熱皿にいれ、チーズをのせ、オーブントースターで焼く
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
ぐつぐつ~
 
あつあつ~
 
幸せ^^
 
 
 
 
今年もあと10日を切りました
 
今週いっぱいで仕事納め
 
あとひとふんばりです
 
 
 
 
イメージ 8
                            ※折敷 ワンオーバーエフ
                            ※ワイングラス イッタラ
                          ※キャンドルグラス イッタラ
 
 
 
 
 
ランキングに参加中です♪
 
いつもありがとうございます
 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
おはようございます♪
 
 
↓この日は 休肝日でした
 
まぁ~~すごい!
 
 
皆様も よろしかったら褒めたってください
(褒められると伸びる)笑
 
お褒めの言葉!絶賛大募集中
(;゚;ж;゚; )ブッ
 
 
 
 
12月8日(月) 休肝日はポカポカ中華メニューで
 
 
 
メニュー
 
中華風オムライス
ねぎあん豆腐
生春巻き
 
 
 
 
 
『中華風オムライス』
 
イメージ 2
                 ※プレート セラドン焼き
 
 
 
「中華風オムライス」って
 
「天津飯じゃん?」って感じ?
 
 
・・・正解・・・
 
ま・・・そんなとこです(笑)
 
 
中味は 中華風に味付けした「豚しめじご飯」です
 
これだけでもおいしいよ^^
 
 
★★★レシピ★★★
 
【材料】
 
「豚しめじご飯」
ご飯  1合 (水分若干少なめで普通に炊く)
豚小間切れ肉  30g
しめじ  1/2袋
干し海老  大さじ1
生姜(みじん)  小さじ1
ねぎ  適量
≪A≫
酒  小さじ1
醤油  小さじ2
オイスターソース  小さじ1弱
塩こしょう  適量
 
 
卵  3個
牛乳  大さじ1、5
 
≪あん≫
鶏がらスープ  200cc
(干し海老の戻し汁も利用する)
みりん  小さじ1
オイスターソース  小さじ1
塩こしょう  適量
 
水溶き片栗粉
 
 
【作り方】
 
「豚しめじごはん」
干し海老は水につけ戻し、みじん切り
(戻し汁は捨てない)
 
豚小間切れ肉は1cm幅程にカット
 
しめじは縦半分にカットし、「傘側」を使う
 
ごま油で、豚肉、干し海老、しめじを炒め≪A≫で味付け
 
炊き上がったご飯に混ぜる
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
オムライスの卵は1人1、5個で作りましたが、お好みで増やしても♪
 
≪あん≫を作りかけたらできあがり
 
 
 
イメージ 4
 
 
オムライスというより…
 
やっぱり「天津飯」な感じ(笑)
 
 
 
 
 
『ねぎあん豆腐』
 
イメージ 5
 
 
以前作って気に入ったので
 
今回計量してみました^^
 
 
【材料】 2人分
 
絹ごし豆腐  1/2丁
ねぎ(スライス) 1、5本
ごま油  大さじ1
 
≪A≫
鶏がらスープ  200cc
みりん  小さじ1
薄口醤油  小さじ1
生姜のしぼり汁  少々
塩こしょう  適量
水溶き片栗粉  適量
 
 
【作り方】
 
豆腐は水切りしておく
 
ねぎをごま油で炒め、≪A≫を加え沸いたら、豆腐を入れ温める
 
豆腐を器に取り出し、スープをとろみづけし豆腐にかける
 
 
ねぎからも 自然なとろみが出るので
 
水溶き片栗粉は 少量でOKでしたよ
 
 
おねぎたっぷり!風邪予防にも♪
 
 
 
 
 
『生春巻き』
 
イメージ 6
                                 ※変形皿 TSUNE
 
 
 
サニーレタス、人参、きゅうり、ハムを生春巻きで
 
サラダ感覚でいただけます♪
 
 
 
 
 
来週は 早くもクリスマス週間ですね
 
1年もあっという間に終わってしまいました
(まだ終わってないけど)
 
週末は掃除かな…
 
がんばろう
 
皆様 素敵な週末を♪
 
 
 
 
 
イメージ 7
                        ※キャンドルスタンド 和みぼんぼり
 
 
 
 
 
ランンキングに参加中です
いつもありがとうございます
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ