clairefontaine

料理大好き!器はもっと大好き!!時々旅行も♪

2011年04月

 
イメージ 1
 
 
おはようございます
 
  
 
「東北、関東の食材をワシワシ食べよう」
 
毎日コツコツ活動中
 
 
 
連休楽しまれてる方も多いのでしょうね
 
私は本日普通にお仕事!
 
世のため人のために ・・・ 大袈裟すぎっ
 
がんばるど~ぉヽ(゚◇゚ )ノ
 
 
 
 
4月21日の中華な夕食
 
 
茨城産の新鮮な春キャベツを買ってきました。今美味しい季節ですね 
 
 
 
 
メニュー
 
 
春キャベツたっぷり鉄鍋餃子
 
春キャベツで生春巻き風
 
しらすと小松菜の梅チャーハン 
 
 
  
 
 
 
『春キャベツたっぷり鉄鍋餃子』
 
イメージ 2
 
 
餃子に「白菜」を入れるのも好きなのですが、やっぱりこの時期のキャベツは譲れない
 
先日ご紹介させていただいた 岩手盛岡の「南部鉄器」
 
こちらでアッツアツでいただく「鉄鍋餃子」です
 
 
 
【材料】  30~40個位
 
                   春キャベツのみじん切り  大量 (お肉より多くてOK牧場)
                   ニラ 1/2~1束
                   豚ひき肉  200~250g 
 
                   生姜のみじん切り 1かけ
                   ウエイパー  小さじ1/3位
                   酒 大さじ2~3
                   味噌  大さじ1強
                   醤油 大さじ1
                   ごま油 小さじ2
                   塩、砂糖、こしょう  適量
 
                   餃子の皮 30~40枚
 
 
【作り方】
 
↑この分量ってかなり大雑把、 きちんと測られなくても大丈夫です(笑)
 
 
キャベツをビニール袋に入れて塩もみします。しばらくして水気が出たら
 
ビニール袋の隅にいくつか穴をあけて、水気をしっかり絞りだします(この方法簡単)
 
 
 
イメージ 3 
 
材料をすべてあわせて包みます
 
 
鉄鍋(鉄板)なのでこんな風に
折りたたんで包みました
 
 
普通に包んだものもいくつか・・・
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
キャベツたっぷり!
 
あまくておいひい~
 
 
最後まであつあつだのよヽ(゚◇゚ )ノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『春キャベツで生春巻き風』
 
イメージ 5
 
 
「もやしをさっとゆでたもの」「きゅうり」「ハム」を茹でた春キャベツで巻きます
 
巻きすを使うと簡単! 
 
このままでもいいのですが、生春巻きの皮があったので外側から巻いてみました
 
 
スイートチリソースでも、↑餃子のタレをつけても
 
 
 
 
 
 
 『しらすと青菜の梅チャーハン』
 
イメージ 6
 
 
漁業も盛んな茨城県ですが、大きな被害もあちこちで・・・
 
風評被害も広がってしまった中、やっと 「しらす」 が出回るようになりました
 
 
しらす大好きなので本当に嬉しい
 
余計な報告ですが、私は毎日お昼に必ずしらすを食します
 
しらすラー❤ (←これ、イマイチだわ…)
 
 
小松菜も県内産!こちらは塩少々で「浅漬け状態」にしてからカットして使いました
 
 
サラダ油を熱し、溶き卵を回し入れ、すばやくふんわり卵にし取り出します
 
ごま油を熱し、小松菜、かりかり梅(みじん切り)を炒め、ご飯を炒めます
 
茅乃舎さんのお出汁を封をカットして加え、醤油、塩こしょうで味付け
 
卵としらすをどっさり加えて炒めたらできあがり!仕上げにごま油を少々
 
 
 
イメージ 7 
 
 
写真をアップにして気がついたのです
 
←この子と目があってしまった
 
( ´艸`)ムププ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8 
 
 
こちらは茨城の地ビール
 
常陸野ネストビール
(木内酒造)
 
種類も何種類かあるのですが、
 
このビール有名なんですよ!
 
おっとこ前にラッパ飲み
 
 
 
 
 
工場が被災されたようですが、今皆さんでがんばってビールを作られております
 
 
 
 
 
 
連休をお過ごしの方!
 
思いっきり楽しんで素敵な思い出お作りくださいね 
 
 
 
 
イメージ 9
使用のテーブルグッズ
                   鉄フライパン : こだわりやさん.com
                              (メーカー「岩鋳」)                   
 
 
 
ランキングに参加中です 
いつもありがとうございます 
 
 

 
イメージ 1
 
 
おはようございます
 
 
 
 
「東北、関東の食材をワシワシ食べよう」
 
毎日コツコツ活動中
 
 
 
 
↑今まで「野菜」と書いてたものを「食材」にしました
 
お肉、お魚、お野菜・・・すべての食材に感謝 
 
 
 
4月18日の夕食
 
 
○○料理!というものではなく、和の食材を少し洋風に味付けしようかな?
 
と思いたって作った日の夕食です 
 
 
盛り付けやテーブルは「洋風」に・・・お料理は「和洋風」な感じで
 
 
 
 
 
メニュー
 
 
めかじきの雑穀味噌焼き
 
春雨の明太柚子サラダ
 
トマトのおひたし
 
こんにゃくステーキ~バルサミコ風味
 
 
 
  
 
 
 
『めかじきの雑穀味噌焼き』
 
イメージ 2
 
 
少し前「雑穀ご飯」に加える「十穀雑穀」をお料理に使った記事をご紹介させていただきました
 
この時に「雑穀」に一気にハマってしまいまして・・・
 
 
今回は淡白なお魚「めかじき」を使いましたが、豚肉やチキンでもいいかな!と思いました
 
 
【分量が適量すぎるので何と書いていいか悩みつつ・・・のレシピ】 2人分
 
イメージ 3
めかじき 2切れ
日本酒、塩 適量
 
雑穀 30g
水 ひたひた
マヨネーズ 大さじ1~2
味噌大さじ1~2
 
柚子の果汁やレモン果汁 適量
 
*ソースの分量若干多めです
 
 
 
【作り方】
 
雑穀・・・普通にお米売り場で売られてるもの…小分けタイプを1袋使いました
「はとむぎ」「とうもろこし」「黒米」「黒ごま」「黒豆」「小豆」「緑豆」「アマランサス」「そば」「くこ」
↑こちらの十穀でした
 
雑穀は浸る位の水にふやかしておき、柔らかくなったら沸騰させて冷まします
水気を切って他の材料とあわせ「雑穀味噌」を作ります
 
めかじきは日本酒、塩を振ってしばらくおき、余分な水分をふきとります
上になる方に小麦粉をはたきます
 
雑穀味噌を塗ってオーブントースターで焼いたらできあがり
生の状態で使いましたが15分程焼いて大丈夫でした
 
心配でしたら一度フライパンで焼いておかれてもいいかもしれないですね
 
 
この雑穀の食感がプチプチ好きにはたまらないヽ(゚◇゚ )ノ
 
 
添え物は茨城産の「スプラウト」で・・
 
 
 
 
 
 
 
 『春雨の明太柚子サラダ』
 
イメージ 4
 
 
春雨は国産のもので「でんぷん」タイプのものを使用
 
茹でて水にさらした後、明太子、オリーブオイル、柚子の果汁、塩こしょう であえただけ
 
イタリアンパセリもあわせました。このパセリは確か「千葉産」だったかな
 
 
 
 
 
 
 
『トマトのおひたし』
 
イメージ 5
 
 
福島や茨城のトマトって・・・濃厚で甘いんですよね
 
フルーツトマトっぽいのです
 
こちらは茨城産ですが、湯むきしておいて薄めた白だしに漬けて冷蔵庫へ!
 
夏はキンキンに冷やすとさらにおいしいです
 
 
 
 
 
 
 
『こんにゃくのステーキ~バルサミコ風味』
 
イメージ 6
 
 
「こんにゃく」っていくら食べても太らない!安心食材だったりしませんか?
 
こちらは「群馬産」
 
こんにゃくは一度茹でこぼししてアク抜きし、サイコロ状にカット
 
 
フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、唐辛子小口切りを熱し
 
こんにゃくを炒めます(水分を飛ばすように)
 
バルサミコ酢、醤油(少々)、塩こしょうで味を整えます
 
 
☆こんにゃくはオイルが入ると味がしみこみにくいので、
煮詰めてバルサミコ酢が表面に絡まるようにするといいですよ♪
 
 
 
 
お腹いっぱい食べちゃった~~!!という時でも
 
野菜中心であったりすると、胃もたれもなし
(胃もたれって…↑発言が年寄りくさい)
 
 
 
 
明日から連休の方も多いのでしょうか
 
こういう時期だからこそ!お休みは思いっきり楽しまれてくださいね
 
 
 
 
イメージ 7
使用のテーブルグッズ
                   ガラス正方形柄プレート : 陶舎 花花
                   お猪口 : イオンの食器売り場
                   白角皿 : 212K
                   
 
 
 
ランキングに参加中です 
いつもありがとうございます 
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
おはようございます
 
 
連休を前に気温も安定してきましたね
 
我が家は暦通りなので、少し中途半端なお休みなのですが、楽しみ♪
 
 
 
 
 
こちらは4月16日土曜日の夕食
 (また少し前の事ですみません)
 
 
 
「東北~関東のお野菜をワシワシいただこう」
 
毎日コツコツ活動中
 
 
 
 
メニュー
 
 
海老と三つ葉のふわふわまんじゅう
 
からすガレイの粕漬け みょうがの甘酢漬け添え
 
かき菜とシラスの食べラーぽん酢あえ
 
ピリ辛かぶ菜ごはん 
 
 
 
 
 
 
『海老と三つ葉のふわふわまんじゅう』
 
イメージ 2
 
 
 こちら「茨城県」はみつばも名産!「薬味」のイメージが大きいかもしれませんが
 
おひたしやサラダ…卵とじ・・・いろんないただき方があるのです
 
 
【材料】  かなり適当な分量
 
                木綿豆腐 1丁
                はんぺん(大) 1枚
                卵 1個
                片栗粉 大さじ1~2(覚えておらず@@)
                塩、白だし、少々
 
                海老(ぶつ切り) 適量
                三つ葉(ざく切り)  たっぷり
 
 
【作り方】
 
木綿豆腐はしっかり水切りします。はんぺん、卵、片栗粉と一緒にフードプロセッサーで撹拌
 
塩、白だしで調味し、海老と三つ葉をあわせます
 
小さいガラスボールにラップを敷き、タネを入れて、タコ糸で茶巾絞りに・・・
 
蒸し器で10~13分ほど蒸します
 
今回は「白だし」「しょうが」でいただきました
 
 
 
 
 
 
 
『からすガレイの粕漬け ~みょうがの甘酢漬け添え』
 
イメージ 3
 
 
何度もご紹介させていただいてます 「酒粕漬け」ですが、
 
中でも「からすガレイ」って自分の中ではナンバーワンかな
 
白身魚の酒粕漬け!っておいしいんですよね
 
 
【使用の味噌粕床】 カレイ2切れ分
 
酒粕100g  日本酒25cc  みりん大さじ1/2 塩小さじ1/2弱 味噌大さじ1/2 
 
みょうがを「甘酢」につけたもの を添えました 
 
 
 
 
 
 
 
『かき菜としらすの食べラーぽん酢あえ』
 
イメージ 4
 
 
こちらは 「千葉県産」かき菜
 
かき菜は小松菜とほうれん草の中間のような・・・
 
おひたしにすると、ほど良い食感が残ってるのがおいしい
 
 
さっとゆがき、しらす、なめ茸とあわせます
 
「ポン酢」に「具入りラー油」をあわせた「食べラーぽん酢」もおすすめです
 
 
 
 
 
 
 
『ピリ辛かぶ菜ごはん』
 
イメージ 5
 
 
「かぶの葉」の部分を使って 「ピリ辛かぶ菜」 を作りました
 
イメージは 「ピリ辛高菜」 な感じ・・・・
 
ごま油で唐辛子を熱し、葉をいためてから、砂糖、酒、醤油で炒め煮にしただけ
 
ご飯に混ぜました。 
 
 
 
 
 
イメージ 6
使用のテーブルグッズ
白角皿&白小鉢&カップ&飯椀 : 笠間焼
ガラス小鉢 : Franc franc
 
がんばれ!笠間!!
 
 
 
  ランキングに参加しております
 
 
  
 
 
 

 
イメージ 1
 
 
おはようございます
 
 
 
「東北、関東の野菜をワシワシ食べよう」
 
毎日コツコツ活動中
 
 
最近更新が追いついていけず…(^^ゞ こちらはまた少し前の夕食です 
 
 
 
4月15日のディナー
 
 
 
 
メニュー
 
 
ディアブル風チキン
 
海老のタルタル花畑サラダ
 
小松菜とハムのトマトドリア 
 
  
 
 
 
『ディアブル風チキン』
 
イメージ 2
 
 
「ディアブル」って・・・「悪魔」という意味らしいのです
 
清々しい イケメン悪魔君 希望 (←意味のない自己申告)
´^ิ ౪ ^ิ) ニャニャ…
 
 
いつも「鶏もも肉」で作りますが 「胸肉」を使ってみましたよ
 
 
【材料】  何人分かは人による
 
                      鶏胸肉(特大) 2枚
                      卵 2個
                      マスタード 大さじ1.5
                      パン粉 適量
                      大葉  8~10枚
 
                  ≪大葉マスタードソース≫
                      マスタード 小さじ2
                      粒マスタード 小さじ2
                      バター  大さじ1
                      大葉(千切り) 10~12枚
                      ブイヨン 60~70cc(お湯にコンソメを少々溶かしてもよい)
 
 
「茨城産」の大葉を使ったのですが、申し訳ない程の安さ!!
 
50枚程で50円位だったかな・・・なので↑こんなにたっぷり使いましたが
 
もう少し減らしても大丈夫です
 
 
 
【作り方】
 
鶏肉は皮を除き(そのままでもよい)、厚さを均等にし、ハーブソルトをまぶしておきます
卵を溶き、マスタードとあわせ、お肉を漬けること半日
(私は夜漬けこんで翌日使いました)
内側に大葉を4~5枚並べ、くるくる巻き、表面にパン粉をまぶします
 
170℃のオーブンで35~40分程焼きます
 
 
≪大葉マスタードソース≫
ブイヨンを温め、マスタード、粒マスタードを加えて火を止め、バター、大葉をあわせます
味付けは塩こしょうで
 
 
添えたベリーリーフも県内産なのですが、新鮮でお安い
 
 
 
 
 
 
 
 『海老のタルタル花畑サラダ』
 
イメージ 3
 
 
「花畑」って・・・「牧場」のことじゃないよ!!
 
 
深い意味はないのです(^^ゞ きゅうりがお花っぽいかな?と勝手に思っただけで
 
 
海老は殻をむいて下処理をし(塩と片栗粉でもみもみし、洗い流す)
 
オリーブオイルで炒めて白ワイン少々をふり、塩こしょうしておきます
 
茹で卵、ケッパー、紫玉ねぎとあわせて、マヨネーズ、塩こしょう、柚子果汁で調味
 
きゅうりはピーラーで薄切りにし、グラスに並べました
 
 
 
 
 
 
 
『小松菜とハムのトマトドリア』
 
イメージ 4
 
 
 「小松菜」はアクも少ないので、ドリアやグラタンにもぴったり☆
 
 
 
イメージ 5 
 
小松菜・・・と言っても今回は
 
つぼみ菜のタイプを使いました
 
 
ちょこっと蕾が見えてるだけで
 
、嬉しくなったりして(^^♪
 
 
 
 
 
ハムと小松菜をバターで炒めて、小麦粉を適量ふりかけます、まんべんなく混ざったら
牛乳を加えてとろみづけ!塩こしょうで調味するだけです
 
 
 
以前使ったトマトソースが残ってたので、ご飯にからめ「トマトライス」
 
イメージ 6
 
「とろけるチーズ」はライスとソースの間に入れてみました
(↑こうすると、一度にチーズがはがれずにいただけます)
 
トッピングはパン粉と粉チーズで
 
 
 
 
大地の恵み!海の恵み!山の恵み!
 
日々感謝の気持ちを忘れずにおりたいと思います
 
それに携わってらっしゃる方への感謝の気持ちも忘れずに・・・
 
合掌
 
 
 
 
イメージ 7
 
使用のテーブルグッズ
                   白角長皿 : IKEA
                   耐熱皿 : ル・クルーゼ(ココットピーマン)
                   ガラスカクテル : コンランショップ
                   ワイングラス : イッタラ(タピオ)
 
 
 
 
ランキングに参加中です 
いつもありがとうございます 
 
 

 
イメージ 1
 
 
おはようございます
 
 
 
ここのところ、記事があっちこっちな感じ・・・
 
 
今回は(も?)・・・ お蔵 から掘ってまいりました
 
 
 
画像で日付を確認したところ
 
 
こちらは3月10日の夕食
 
 
1ヶ月以上前とはいえ、今見てもとても感慨深い・・・この日までは普通に過ごしてたんですね
 
 
 
 
メニュー
 
 
牛肉と野菜のとろろあんかけ
 
真鯛の香り蒸し~柚子こしょう風味
 
九条ねぎとたこの食べラー酢味噌 
 
 豆ごはん
 
 
 
 
 
『牛肉と野菜のとろろあんかけ』
 
イメージ 2
 
 
 お出汁を愛用してます「茅乃舎」さんなのですが、時々カタログを送ってくださいます
 
そちらに記載のレシピより・・・・
 
 
キャベツ、アスパラなどの野菜を茹で、牛肉をさっとシャブシャブします
 
山芋をすりおろし、「茅乃舎」さんのお出汁を封をカットして混ぜ合わせ
 
そのまま火にかけて、卵を投入!卵が半生状態で火を止めて具の上にのせます
(ちょっと火を通しすぎちゃった@@) 
 
長芋でもいいかな^^と思いました。いただく時に好みでお醤油などを!
 
 
 
 
 
 
 
『真鯛の香り蒸し~柚子こしょう風味』
 
イメージ 3
 
 
お魚は何でもお好みのもので!白身魚がいいのかな
 
器の下に昆布を敷き、お酒&お塩をまぶした真鯛をのせ、蒸し器にかけます
 
 
 
薬味はいつも上にのせるのですが、今回はあえて下に
 
「三つ葉」「みょうが」「大葉」を器にしき、上に蒸した真鯛をのせました
 
 
味付けはお醤油に溶いた柚子こしょうのみ!
 
大人味ですね。焼酎やお酒にぴったり 
 
 
 
 
 
 
 
『九条ねぎとたこの食べラー酢味噌』
 
イメージ 4
 
 
京都の「九条ねぎ」!大好きな食材です
 
 
東は・・・ねぎの白い部分がメイン
 
西は・・・ねぎの青い部分がメイン
 
 
などと聞いた事があるのですが、本当??
 
こちら関東地方では、おねぎはほとんど白い部分使うのがメインです
 
 
だから九条ねぎなどのように「青い柔らかい部分」をいただけるのってとても有難い
 
 
 
「九条ねぎ」はさっとゆでこぼし、お刺身用のたことあわせます
 
 
【食べラー酢味噌ダレ】
西京味噌大さじ2、柚子果汁大さじ2、砂糖大さじ1、具入りラー油(好み)とあえるだけです。
 
*柚子果汁の変わりにお酢(分量は調整を)でも! 
 
 
 
 
 
 
 
『豆ごはん』
 
イメージ 5
 
 
こちらはもう何度もご紹介させていただいてますので省略いたしますね
 
詳しレシピはこちらに記載してます
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
使用のテーブルグッズ
黒角皿&小鉢 : とうしょう釜
ガラス小鉢 : 陶舎 花花
ご飯碗 : 無印
陶器白カップ : 笠間焼
 
 
 
 
ランキングに参加中です 
いつもありがとうございます 
 
 

↑このページのトップヘ