clairefontaine

料理大好き!器はもっと大好き!!時々旅行も♪

2009年05月

イメージ 1

ここのところ涼しいですね~。この位がちょうどいいな~(^^♪

こちらは昨日の夕ごはんです

・きじ焼き丼
・納豆バクダン~韓国のりで巻いて~
・豆腐とわかめのお味噌汁

・きじ焼き丼
イメージ 2

【材 料】 4人分
鶏もも肉 2枚 ししとう 16本位
A)日本酒 大さじ2  醤油、みりん 各大さじ2
卵 2個  砂糖 小さじ1~2 水溶き片栗粉 少々

卵は砂糖、水溶き片栗粉を加えて錦糸卵にします(片栗粉を加えるのは破れにくくするため)
ししとうはサラダオイルで炒め、塩をふっておきます(ピーマンなどでもおいしいです)
鶏肉の皮目にフォークで穴をあけ、調味液(A)に30分ほどつけます
フライパンで皮目から焼きます。なるべくこんがりと…
ご飯の上に錦糸卵をのせ、カットした鶏肉、ししとうをのせます

ボーっとしてたら焦げちゃった (';')
ひっくり返せばわかんないっと!!

・納豆バクダン
イメージ 3

これをなぜ「バクダン」と呼ぶのか不明なんですが、、、
いかのお刺身を購入し忘れたので入れてませんが、あればさらに美味しいですよ
すべて同じ位にカットし、めんつゆで味付けして混ぜてしまいます。
(まぐろ、きゅうり、たくあん、納豆、大葉を使いました)
韓国のりに巻いていただきました。
他には普通ののりや、レタスなどで巻いてもいいですし、そのままご飯にのせて丼にしても
美味しいですよ (^^)

今日はおとなしく(?)麦茶をいただきました ごちそうさまでした(^_^)

イメージ 1

木曜日の「イタリアン」♪~こちらは昨日のディナーです!

・野菜と温泉卵のスパゲティーニ
・魚貝とセロリのワイン香草蒸し

・野菜と温泉卵のスパゲティーニ
イメージ 2

【材 料】2人~3人分
にんにく(たたいてつぶす) 1かけ  玉ねぎ 1/2個  ベーコン 70gほど
アスパラ 3本  しめじ 1/2パック  空豆(塩ゆでして皮をむく) 適量
生クリーム 50cc  温泉卵 1人につき1個  塩こしょう、パセリ
スパゲティーニ 170g~190g

まず、オリーブオイルとにんにくを熱し、ベーコンをしっかり炒めます
その他の野菜を加えて炒めたら、生クリームを加えて塩こしょうします。
パスタの茹で汁で濃度を調整します。
茹であがったパスタを加えて器にもり、中央に温泉卵をトッピングします。
パセリ、こしょうをふります

☆もう1品で作りましたワイン蒸しのいいお出汁がありましたので、パスタの方に
大さじ2程加えて作りました。

味のイメージとしては『軽めのカルボナーラ』といったところでしょうか?
見た目よりもさっぱりしておりました

・魚貝とセロリのワイン香草蒸し
イメージ 3

浅めの鍋(魚がぎりぎり入る位の大きさがベスト)かフライパンに5cmほどにカット
したセロリをしきます。お好みの魚をのせます(あらかじめ下処理し、塩をふって
水気をふきとっておきます=くさみとり)
まわりには、プチトマト、あさり、セロリの葉、お好みのハーブ(香草)、
スライスにんにく、唐辛子、塩こしょうをしまして・・・
白ワイン1cpを注いで火にかけます。イタリアンですが、「落としぶた」をします
後はそのまま煮ればいいです。味付けは塩こしょうです。
お魚は今回は「イサキ」を使いました。

今回使いましたハーブは『タラゴン』といいます!
イメージ 4

魚料理、鶏肉料理との相性が良いです。特にホワイトソースやクリーム系のソース
にあうと思いますよ。
我が家では地面に一度植えただけで放置状態ですが、毎年使えてとても便利ですよ

本日も・・・ボーノ (^^♪

イメージ 1

昨日の夕食は栄養バンランスを考えた「おばんざい屋さん風」にしてみました

・洋風(?)いり豆腐
・ほうれん草とわかめ、しらすの酢の物
・金目鯛とごぼうの煮付け

なぜ、洋風(?)と申しますと・・・
イメージ 2


【材 料】4人分
にんにく(みじん)1かけ  オリーブオイル 適量 
椎茸 4枚  人参 1/2本  玉ねぎ 1/2個  みつば 1束
かまぼこ 1/2本  木綿豆腐 1丁  卵 1個  かつお節 1パック

にんにくをオリーズオイルで炒める・・・からです。(強引かな)
味付けは塩こしょう。そしてダシの役割もしてくれるかつお節!(たっぷり)
ガーリックオイルが効いているので、白ワインにもとてもあいそうでしたよ

木綿豆腐は形を残したかったので、水きりした後角切りにして、先に焼き付けてあります

・金目鯛とごぼうの煮付け
我が家では水を加えずに、日本酒で炊き上げます。
ごぼうとしょうがは多めです

イメージ 3

【煮汁の材料】魚2切れ分
日本酒 1/3cp  みりん、醤油 各25cc  砂糖 大さじ1.5  昆布 1枚

煮魚のポイントとでも言いましょうか…
沸騰していない程度のお湯を魚にまわしかけます=霜降り作業です
煮汁を必ず沸騰させてから、魚を入れます
中火で手早く炊きます(弱火でいつまでも煮ない)

その他には酢の物(ほうれん草、わかめ、しらす、しょうが、白ゴマ)を作りました

雰囲気的に「京都のおばんざい屋さん風」にしたかったのですが
(恥ずかしながら、行ったことありませんけど…)
少しバタバタしておりまして、お腹もすいてしまい、
雰囲気を味わう余裕がありませんでした(';')

・・・ごちそうさまでした(^^)
  

イメージ 1

ハンバーグお好きな方多いですよね!もちろん私もその一人です

先日「デミグラスソースのオムライス」をご紹介させて頂きましたが、その時
「デミグラスソース」を大量に作って冷凍しておきました。そのソースを使って
「洋食屋さん風ハンバーグ」作りました。

イメージ 2

ハンバーグに関してはごく普通の作り方ですが、隠し味として醤油を小さじ1程加えました

「みそ」「ケチャップ」「ソース」などお好みで加えられる方もいらっしゃるようですね

先日テレビでとっても使える☆いいワザ☆手に入れてしまいました。

この上にのっけてあります「目玉焼き」ですが、玉ねぎの輪切りの一番外側を
枠として、中に卵を流してあります。
こうすれば、小さめのきれいな目玉焼きになるのと、そのまま食べられるのと、で、
一石二鳥!!

たいめいけんのシェフ「茂出木浩司」さんが紹介されておりました。

玉ねぎの他の部分はハンバーグの具材として、またサラダのドレッシング、スープに
今回は使い切りましたよ!

このトマトの名前は「シシリアン・ルージュ」というそうです

イメージ 3
『美肌トマト』なんですって!
「美肌効果」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」という言葉に敏感に反応してしまう私・・・
迷わずこれにしました。

他にはオニオン&コーンのクリームスープを一緒にいただきました

週の始まりにお肉で元気をチャージ !(^^)!
さっ。。。一週間がんばろ。。。ごちそうさまでした。(^^♪

イメージ 1

少し前になりますが、静岡にいる大親友から新茶とお手紙を頂きました。

新緑の季節、お茶摘みの時期は一面お茶の香りに包まれます。

まさに天然の「アロマ」ですね! 故郷や友達に思いをはせながら、いただく一杯

…また格別です (^^)

そんなおいしい新茶をよりおいしく頂くために和菓子作ってみました

・黄身しぐれ

イメージ 2

【材 料】 12個分
白こしあん 400g  茹で卵黄 2個分  生卵黄 1個分
黒こしあん 15g×12個

黒こしあんは15gを12個分丸めておきます
白こしあんに茹で卵黄をほぐして加えて、しっかり混ぜて火にかけます
水分を飛ばして(もろっとなるまで)火からおろして冷まします
生卵黄を加えてよく混ぜます
12等分にして、黒あんを包みます
蒸気のあがった蒸し器に入れて7~8分強火で蒸します
(強火でないときれいにわれてきませんので、必ず強火で)

思えば、私は本当に友達に恵まれていました。
自分は何もしてあげられなかったのに、友達には助けてもらってばかりでした。
そんな友達は私の宝物です。

そして、こちらを通じてお知り合いになれました皆様☆
とても素敵な方ばかりで、私は多くのものを皆さまから頂いております。
私にとって、とても大きな財産です。

本当に、本当にありがとうございます。

↑このページのトップヘ